医師不足を解消するための対応策

現在、ある私立大学の不正入試に端を発して、女子の受験者が不利に取り扱われていたことがわかりました。
このことは、大きな社会的な問題となり、文部科学省で男子受験生に有利な調整を行っていないか調査を進めています。
一時期は過剰と言われていた医師数も、現在では不足していると言われています。
絶対数が不足しているだけでなく、様々な面で医師の偏在減少が起こっていることが医療にとって重大な問題となっています。
まず、都市部の病院や地方であっても大病院を医師が志向しています。
これらの病院に所属することで豊富な症例を経験し、最先端の技術を学ぶことができます。
一方で、地域偏在による地方の医師不足が顕在化しています。
また、内科や外科、産科など激務の診療科を避ける傾向もあり。
科によっての医師の偏在がみられています。
これらの対策として、医学部定員の増員が行われていますが、人材養成には時間がかかりますので、すぐの解決策にはなりません。
もう一つの答えとして女性の待遇改善があります。
育児と仕事の両立を実現することですが、その最中に今回の問題が生じたことは皮肉な出来事です。

sub置換